2013年02月10日

日本を間接侵略から守るには

3/3【討論!】間接侵略の実態[桜H25/2/9]




沖縄を独立させようとする運動が出てきていますが、
これは、沖縄を分離独立させてから中国に併合しようと
するたくらみです。


完全に中国の手先になって独立を叫んでいる大学教授が
何人もいます。


現実には沖縄が中国に支配されればチベット王国のような
過酷な支配をされて沖縄県民は塗炭の苦しみに陥るのです。


その真実を隠して、沖縄独立を叫んでいる人々の正体を
知るべきです。


国防安全保障についてはまったく考慮なく、
このような発言ばかりを繰り返しているのです。


たとえ米軍が引き上げたとしても日本の国防軍が
そこに常駐しなければ安定が保てないのが沖縄なのです。
その地政学的な軍略がまったくないのです。


このような暴論を繰り返す者達にだまされてはなりません。
これこそが日本への間接侵略です。


毎年、沖縄には一兆円のお金が国から支給されています。
沖縄はもらい過ぎているほどにもらっているのです。
それなのに、沖縄は被害者だといい続けているのです。


琉球王国時代は極貧の中、戦乱が繰り返されていました。
そして二重外交をして中国に朝貢していたのです。


このような時代を理想化している沖縄の独立論は、
まったくおかしいのです。
タグ:間接侵略
posted by 水島 at 23:33| 反日メディア