2013年11月27日

米中経済の行方と日本




パネリストに、田中秀臣(上武大学教授)
田村秀男(産経新聞社特別記者・編集委員兼論説委員)
野口旭(専修大学教授)原田泰(早稲田大学教授)
三橋貴明(経済評論家・中小企業診断士)
宮崎正弘(作家・評論家)片桐勇治(政治アナリスト)を招いて、
司会を水島総さんがされて、アメリカと中国の経済と日本についての
討論です。


消費税の増税をすれば、アベノミクスが失敗してしまうのに、
なぜ、安倍政権は、消費税の増税を決定してしまったのでしょうか。


日本経済は、しばらくは安定的な成長を続けると思われますが、
消費税の増税はその成長の加速にブレーキをかけてしまいました。


一方、中国は、経済がどんどん行き詰まり、
危険な状態になりつつあります。
タグ:米中経済
posted by 水島 at 21:51| 水島総