2014年05月08日

移民政策を阻止し日本を守れ




日本にどんどん移民を入れることは日本を破壊する亡国の道です。
日本の少子化は、移民を入れると加速します。
なぜなら、移民が日本の労働賃金を引き下げるからです。


日本にワーキングプアがどんどん増えて日本民族が貧乏になる、
それが移民政策の末路なのです。移民などいれずとも、
労働力は賃金を上げることで戻ります。
土木分野から離れた180万人が戻ります。
ニート60万人が戻ります。


人手不足は、賃金があがるチャンスであり、日本は
これから国民所得が増える最大のチャンスを迎えているのです。
この大事な時に賃上げをせず、外国人労働者を頼るのは本末転倒です。
介護士も看護師ももっと給与を上げるべきなのです。
土木ももっと給与をあげるべきなのです。


それをやらないまま外国人を入れていけば、
こういった職分野がすべて外国人に取られてしまい、
日本人でやる人がいなくなり、社会構造まで変化していきます。
この日本の危機を救うには、現政権の邪悪なる方向性を砕くしかありません。
タグ:労働鎖国
posted by 水島 at 02:26| 水島総