2014年07月04日

安倍政権の反日経済政策




政権発足以来、第二次安倍政権は、日本を取り戻すと、
主張している一方で、竹中平蔵をはじめとする新自由主義の
政策を進める者たちが、幅を利かせてきました。


経済政策面で-国益を損なうような外国人労働者の受け入れの
方向性に向かおうとしています。


竹中平蔵氏の主-導する新自由主義的な経済政策は、
日本の伝統や文化を破壊し、日本そのものを失わせる亡国の
道です。


外国人労働者をどんどん入れていけば、どうなるか。
すでにドイツもスウェーデンもスイスもフランスも
全部、だめになっています。


治安が悪化し、外国人街ができて、そこには、
パトカーでさえ、二台でないと入っていけないほど
危険な環境なのです。


日本もそのような国にするというのでしょうか。
竹中平蔵は、人材派遣会社を経営しているのですから、
外国人労働者を入れれば、大もうけです。

posted by 水島 at 23:29| 安倍晋三

2012年12月23日

日本保守たる所以

【直言極言】日本保守たる所以[桜H24/12/21]




さっそく、安倍晋三氏へのネガティブキャンペーンが
始まっています。


朝日新聞やNHK、TBS,毎日新聞だけではなく、
読売新聞や産経新聞も、背中から撃つ様な批判記事を
書いています。


橋下徹氏や石原慎太郎氏は本当の保守でしょうか。
彼らは天皇を尊重していません。


野田氏は方向が完全に間違った上で、一生懸命、
よい日本の首相になろうと、演じようとしたのです。


安倍晋三氏は、しかし、そうではありません。
よき日本の首相を演じようとは想ってはいません。
安倍晋三氏は、日本そのものなのです。


自分が日本だという気持ちで進むとき、自分が倒れてはならないのです。
今度は、使命を完遂すると、決意した安倍晋三氏は、
時期と場所を選びながら、志を遂げることでしょう。


すべては日本を守るため、皇室を守るためにです。
その安倍晋三氏を攻撃する人々は、敵国の工作員か
単なるアホかということです。


タグ:安倍晋三
posted by 水島 at 23:51| 安倍晋三

2012年12月02日

安倍救国内閣しか拉致問題は解決できない

2/3【完全版】11.24 安倍救国内閣樹立!国民総決起集会[桜H24/12/2]




安倍晋三さんをさかんにテレビや新聞が攻撃しています。
本当に国を救える政治家が世に出てくると困るのでしょう。


拉致問題の解決を邪魔している議員がいます。
彼らを再び国政の場に戻してはなりません。
自衛隊を国防軍にしなければ、国民は守れません。


posted by 水島 at 17:01| 安倍晋三