2012年11月13日

人権委員会設置法案の阻止

【直言極言】人権委員会設置法案の阻止と野田内閣の腐敗[桜H24/11/9]




人権救済法案、人権擁護法案、いろいろ名前を変えながら、
これまで画策されてきた法案の正体を多くの国民は知りません。


その実態は、中国や韓国や北朝鮮への批判的な言動ができなくなるように
人権侵害の名のもとに、言論を統制しようとする法案なのです。


この法案を成立させようとしている者達が、これら外国の工作員組織からの
指令を受けて行動していることは間違いなさそうです。


この問題に弁護士会の利権、法務省の省益(50億の予算が使い放題になる)
そして、部落解放同盟(既得権益の確保と増大をめざす)
などが入り込んでいるのです。


日本国民の自由と尊厳を奪おうとするこの人権法案を絶対に
阻止しなければなりません。

posted by 水島 at 13:20| 人権委員会設置法案