2014年01月03日

南海トラフ地震、首都直下地震に打ち克つ



金融緩和を進めるだけでは、経済の回復はおこりません。
公的需要をおこし、国家が公共事業を行うことで、
市場にお金をまわすことが必要なのです。


しかも日本には、大地震の危機が迫ってきています。
南海トラフ大地震や首都直下型大地震が起こるといわれています。


これに対策して、巨大堤防やシェルターの建造、そして、
老朽化している道路や橋梁や港湾の再生、また、
新幹線網を日本中に張り巡らせて、リニア新幹線を通す、


これらの事業が国の景気を回復させGDPを増加させるのです。
東京オリンピックのためにもさまざまな準備が必要であり、
東北の復興も急がねばなりません。


そのためには政府がお金を国債発行で吸い上げて市場に
公共事業で使っていくことが正しい政策なのです。
朝日新聞をはじめマスコミの多くはこの日本再生のプランを
さかんに妨害しているのです。


マスコミのネガティブな報道は、日本弱体化を推し進める
中国や韓国をはじめとするさまざまな国の工作員によるものと
考えていいでしょう。


実際に朝日新聞もNHKもCCTVつまり中国のテレビと緊密です。
NHK本社にはCCTV支社があります。癒着しまくっているのです。


新聞やテレビを使って日本国民を間違った方向に動かそうとする
外国の闇組織の思惑に、国民はだまされないようにしなければなりません。
posted by 水島 at 14:47| 水島総

2013年11月27日

米中経済の行方と日本




パネリストに、田中秀臣(上武大学教授)
田村秀男(産経新聞社特別記者・編集委員兼論説委員)
野口旭(専修大学教授)原田泰(早稲田大学教授)
三橋貴明(経済評論家・中小企業診断士)
宮崎正弘(作家・評論家)片桐勇治(政治アナリスト)を招いて、
司会を水島総さんがされて、アメリカと中国の経済と日本についての
討論です。


消費税の増税をすれば、アベノミクスが失敗してしまうのに、
なぜ、安倍政権は、消費税の増税を決定してしまったのでしょうか。


日本経済は、しばらくは安定的な成長を続けると思われますが、
消費税の増税はその成長の加速にブレーキをかけてしまいました。


一方、中国は、経済がどんどん行き詰まり、
危険な状態になりつつあります。
タグ:米中経済
posted by 水島 at 21:51| 水島総

2013年10月13日

悪韓論

【直言極言】戦後体制の反動の嵐を持ちこたえよ![桜H25/10/11]


中国が世界戦略として、日本封じ込めを行っている。
中国と韓国が、日本を押さえつけるため共闘しています。


こんなときに消費税を上げるという決定をした安倍政権。
日本の発展をとめる消費税増税を中韓は喜んでいるのです。

タグ:悪韓論
posted by 水島 at 23:46| 水島総